【アフィリエイトブログ】参入ジャンルのライバルチェック方法

アフィリエイトで参入するジャンルを決めた後に欠かせない作業の一つが「参入ジャンルのライバルチェック」です。以前当ブログで記事にした特化型ブログのジャンル選定のやり方は下記で紹介しています。まだジャンル選定ができていない人は、下記記事を参考にしてみてください。

関連記事

これから特化型ブログを新しく始めてみよう!と考えている方の多くが最初に躓いてしまう「ジャンル(テーマ)選定」。私もこのジャンル選定には非常に悩み、そして時間をかけて行っております。しかし、特化型ブログを作り続ける中で、ある程度私は特[…]

今回の記事では、ジャンル選定がある程度できた前提で、アフィリエイトブログで参入するジャンルのライバルチェック方法を紹介しています。私も実際に行っている作業で成果も出ている手法なので、ぜひ真似してみてください。

ライバルチェックはなぜ必要なのか?

本題のライバルチェックのやり方を紹介する前に、ライバルチェックの必要性についてご説明したいと思います。

もしかするとこの記事を見ている人の中には「え?稼げるジャンル選べばアフィリエイトで稼げるんじゃないの?」と思っている人もいるかもしれません。(多分そこまでいないと思いますが。)

確かに稼げるジャンルでブログを作っていけばなんとなく稼げそうだな、って気持ちはわかります。ですが、一般的に言われている稼げるジャンルは今でも本当に稼げるのか考えたことはあるでしょうか。

実はライバルが多すぎる、競合が強すぎていくら頑張ってアフィリエイトブログを作ったとしても稼げずに無駄になる可能性もあります。

kawahara
そもそも稼げるジャンルという概念はまやかしに過ぎません。どんなアフィリエイトでもやりようによっては稼げます。

ブログアフィリエイトは時間を育てて構築するもの

ライバルが多すぎる、強すぎるジャンルに参入して1年後稼げないことはザラにあります。

そもそもブログアフィリエイトは成果がでるまでにある程度の時間はかかります。最低でも半年はアフィリエイト報酬なしを覚悟して運営しなければなりません。

その時にライバルチェックを疎かにして、いくら頑張っても稼げないジャンルに参入したとすれば、半年、1年無駄にすることになります。

なので、ブログアフィリエイトの参入ジャンルを仮決めした後にライバルチェックは絶対必要なのです。時間を無駄にしないためにも、「このジャンルなら将来的に成果が出そう」と自信を持って言えるように、ジャンル選定後にライバルチェックを必ず行いましょう。

ライバルチェックの必要性まとめ

ライバルチェックの必要性を簡単にまとめると次の通り。

  1. ブログアフィリエイトで稼ぐ確率を高めるため
  2. 時間を無駄にしないため

この2つはかなり重要です。特に人間の時間は1日24時間しかないため、1年間、半年と時間を無駄にするわけにはいきません。効率よくブログアフィリエイトで稼いでいくためにも、ライバルチェックは時間を掛けてでもしっかり行いましょう。

参入ジャンルのライバルチェック方法

私がアフィリエイトブログを作る時に行うライバルチェック方法をご紹介します。

  1. ライバルブログの洗い出し
  2. ライバルブログを丸裸に
  3. 差別化要素を探す

それぞれ実際どのようにして作業を行うのか、そのやり方を詳しく説明していきたいと思います。

LEVEL 1:関連キーワードでライバルブログを洗い出す

まず初めにやってもらいたいのが、参入ジャンルの関連キーワードでGoogle検索することです。

「え?これだけ?」と思われるかもしれませんが、これだけで最初は大丈夫です。ただし、検索するときは次の条件を守って調べてください。

  • 検索ボリュームの多い関連キーワードで検索する
  • 複数のジャンルキーワードで検索する

例)関連キーワード検索

たとえばあなたが格安SIMジャンルに参入すると決めたとします。その中でまずはダイレクトに「格安SIM」をメインキーワードとして、関連キーワードをサジェストツールとグーグルキーワードプランナーを使って洗い出します。

まずはサジェストツールを使って、「格安SIM」に関するキーワードを取得します。サジェストツールは何を使っても大丈夫です。

ここで表示された検索キーワードを全て取得し、そのままグーグルキーワードプランナーに突っ込みます。(突っ込む時は「検索ボリュームと予測のデータを確認する」でやってください。)

そして過去の指標タブで、月間平均検索ボリュームを降順でソートしたのがこちら。

上位10個程度のキーワードをストックしておきます。

そしてこの後にやってもらいたいのが、取得した関連キーワードでGoogle検索をすること。その中に表示されるライバルブログを上位1ページ目(10位)までをライバルブログとしてリストアップしてください。

LEVEL 1の作業はここまでとなります。

複数のジャンルキーワードをでライバルブログを洗い出そう

格安SIMジャンルに挑戦するからと言って、必ずしもメインキーワードが「格安SIM」とは限りません。

例えば格安SIMだと、mineoやLINEモバイル、楽天モバイル、UQ mobileも商標キーワードでメインキーワードとして扱うことができますよね。

全てのメインキーワードを見つけてライバルブログを洗い出すのは大変ですが、個人的には使う可能性のあるものはやっておいたほうが良いと思っています。メインキーワード毎にライバルブログを最低でも10個は見つけてください。

LEVEL 2:洗い出したブログを丸裸にする

次のステップは、洗い出したブログの分析です。

リストアップしたブログの中身を見ていくのですが、その際にチェックしていくポイントがいくつか存在します。

  • 記事数
  • 運営開始日
  • 月間PV数
  • サイトデザイン
  • 日本語

記事数や運営開始日をチェックする理由は、そのサイトがどのくらい長く運営しているか見極めるためです。ブログにはドメインパワーが存在し、運営歴が長ければ長いほど強い傾向にあり、このサイトに太刀打ちできるコンテンツを作れるかの指標として、とりあえずチェックしておきましょう。

月間PV数は、そのブログがどのくらい人気なのか、ユーザーが訪れているサイトなのかをチェックするために調べます。ライバルブログの月間PV数を調べるには、「シミラーウェブ」というサイトを使います。このサイトを使えば、下記のように月間PV数を知ることが可能です。

PV数が少ないにもかかわらず、1ページ目に上位表示されているブログであればそれに勝てる見込みはあります。ただし、あくまでも一つの指標として見るだけに留めてください。

もしかすると圧倒的コンテンツ力でその記事だけ上位表示されていることもあり、一概に弱いブログとは言えないからです。とりあえずここでは、「勝てる見込みが残っているブログ」として残しておきましょう。

次にライバルブログのサイトデザインをチェックします。ある程度凝ったデザインのブログはそれなりに稼いでいる、素人が運営していない可能性が高いです。逆にサイトデザインが適当である場合は、ブログ初心者である可能性も高いです。

ただしサイトデザインもあくまでも指標の一つ。凄腕アフィリエイターでもサイトデザインには全くこだわらない人もいます。サイトをオシャレにする暇があったら記事を書くって感じです。

最後にライバルブログの日本語をチェックしましょう。文章を書き慣れていない人は少なからず日本語が下手です。検索ユーザーは日本語の「てにをは」が出来ていないとストレスを感じてしまいます。そうすると離脱率も高くなるので、Googleからのブログ評価があまり高くない可能性も出てきます。

ここまでの5項目をチェックしていくことで、ある程度参入できるジャンルかどうかは判断できます。特に「記事数」「運営歴」「月間PV数」の3つはそのジャンルに挑戦するかどうかの大きな指標となるので、最低限この3つだけはサボらずにチェックしてください。

LEVEL 3:差別化ポイントを見つける

アフィリエイトブログのライバルチェックをしていく上で、どうしても自分だけのユニークジャンル見つけたい人が多いと思います。しかし、アフィリエイトはかなり多くの人が取り組んでいるので、自分だけのユニークジャンルを見つけ出すのは不可能だと思ってください。

ですので、どのジャンルを選んだとしてもライバルは必ずいると思ってアフィリエイトブログを作っていく必要があります。

そこでどうやって既存のライバルブログに勝つかを考えた時、かなり重要になってくるのが「差別化」です。差別化とは簡単に言ってしまうと、あなたのブログにしかない属性、コンテンツを指します。

例えば、ライバルブログは格安SIM全般のことを記事にしているとします。そこであなたが格安SIM全般のアフィリエイトブログを作ったとしても既に先行者がいるので目新しくもありませんし、Googleもなかなか評価してくれません。

ですがここで格安SIM全般ではなく、楽天モバイルの記事だけに絞ったアフィリエイトブログを作ったとします。もしそういったブログが一切なかった場合、格安SIMジャンルの楽天モバイルでユニークな存在になれます。

ペルソナ設定でさらに差別化を図る

さらにあなたのアフィリエイトブログをユニークなジャンルにするために必要なのが、ペルソナ設定です。正直な所LEVEL 3のステップでは、ここまでやったほうがブログ成功に近づきます。

ペルソナ設定の何が良いかと言うと、自分が求めているユーザー属性をブログに集められることです。

例えば、女性向けコスメを売りたいのに男性ユーザーをブログに集めるわけありませんよね。そして女性向けコスメでも最近肌の化粧ノリが悪くなってきたアラフォー向けのコスメを紹介したいとなった場合、30台未満のユーザー向けの記事を書いても意味がないですよね。

そういった属性を絞ることで、アフィリエイト商品も売りやすくなりますし、あなたが求めるユーザー層を明確にすることができます。ペルソナ設定の詳しいやり方はこの記事では省略しますが、後々別記事でご紹介したいと思います。

まとめ

ここまで、アフィリエイトブログの参入ジャンルに対するライバルチェック方法をご紹介してきました。最後にこの記事のおさらいとなります。

  1. まずは関連キーワードからライバルブログを洗い出す
  2. ライバルブログを5つのポイントからチェックする
  3. ユニークブログにするために差別化要素を探す

慣れないと難しい部分もありますが焦る必要はありません。ライバルチェックは1日、2日ではなく1週間費やしてもよいので、面倒臭がらず必ず行うことを推奨します。1年間無駄にするよりはマシなので。

ブログアフィリエイト成功のコツは、参入ジャンルとライバルチェックによる比率が高いです。私も実際にこの方法でライバルチェックをしているので、ぜひ真似して取り入れてもらえたら幸いです。

私がTHE THORを選んだ理由
WordPressテーマ選びに悩んではいないでしょうか。2019年様々なテーマを使ってきた私が、なぜTHE THOR(ザ・トール)を選んだのか包み隠さずお話します。
最新情報をチェックしよう!