ブログのコメント欄は閉じるべきか?

ブログのコメント欄を閉じるべき5つのパターン/誹謗中傷うざいよね

あなたが今運営しているブログでは、コメント欄を開放しているでしょうか?

コメント欄をどうするか考えている人の中には、次のような悩みを持っているかもしれません。

  • 誹謗中傷コメントが書かれる
  • でも読者との交流を図りたい
  • コメントがいっぱいだとSEOにいいらしいから閉じたくない
  • とにかくコメント欄が荒れるので正直対処が面倒

そこで本記事では、私の過去の経験から踏まえたブログにおける「コメント欄」を閉じるべきパターンをいくつかご紹介します。また、本当にSEOにおいてコメントがある方が有効的なのか、私の考えをご紹介します。

結論:なるべく最初からコメント欄を閉じましょう

私の結論から言うと、なるべくブログを作った段階でコメント欄を最初に閉じるようにしましょう。

  • 記事の執筆に集中したい
  • 余計なストレスを抱えたくない
  • マナーの悪い読者と交流を図りたくない

それぞれ理由があるとは思いますが、私の場合上記3点の理由で、このブログ以外のコメント欄は全てワードプレスインストール時点で閉鎖するようにしています。

記事を書く上で「コメント欄荒れてるなあ・・・どうしよう」といった感じで、余計なストレスで頭を悩ませたくないですし、それだったら思い切ってコメント欄を閉じて執筆意欲を最大限まで引き出した方がマシです。

kawahara
コメント欄が荒れすぎて、「もうブログ運営疲れちゃった」とブログを辞めた人も私は知っています。

今の時代SNSで読者と交流できます

「いやいや、コメント欄は絶対残した方がいいよ!だって読者と交流するにはコメント欄あった方がいいじゃないですか!」
この考えは間違いじゃないですし、私もブログを始めたての頃は思っていました。
現に人気ブロガーさん達は、2016年当時コメント欄を開放している人たちばかりでしたので。ですが、ブログを運営し始めて1年くらい経ってからコメント欄はなくても大丈夫だなと思いました。
その理由は、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSの存在です。
今の時代SNSがあれば、固定の読者さんはそっちで交流をしてくれます。また、これらのツールはアカウントを一々作らないとコメントができない仕様となっているので、強烈なアンチ以外は絡んでこなくなります。
逆にコメント欄は完全非匿名で、IPブロックしたとしてもIPを変えたら書きこめてしまうので最も荒れやすい交流システムだと思っています。なので、コメント欄ではなく今の時代だったらSNSで読者と交流した方が絶対楽しいですよ。

ブログのコメント欄を閉じるべき5つのパターン

様々な要因でコメント欄を非表示されるかと思いますが、それでもどうするか迷っている人もいらっしゃるかもしれません。そこで参考までに、私が考える次の5パターンのいずれかに当てはまっているのでしたら、コメント欄を閉鎖してもいいと思います。

  1. 単純にアンチが誹謗中傷コメントを書きまくる
  2. 特化型ブログを運営している
  3. 収益性の高いブログを運営している
  4. 海外からのスパムコメントが多すぎる
  5. 読者へのコメント返しが正直面倒くさい

それぞれの項目について、もう少し掘り下げてお話ししていきます。

単純にアンチによる誹謗中傷が多い

ブログを長く運営していけばいくほどアンチは当然ついてきます。

そのアンチが何もしない人であればそれでいいんですが、大抵の場合はコメント欄を開放していると、誹謗中傷や記事とは関係のないレスポンス、人格攻撃などをしてきます。

これに耐えられる器の大きい人でない場合、正直コメント欄なんて閉じちゃった方がマシです。例え100人中1人がこういったコメントを書くアンチだったとしても、その1人が暴れる影響で他のファンになってくれていた読者が離れていったら最悪ですよね。デメリットにしかなり得ないので、最初からコメント欄を閉じておけば安心です。

特化型ブログを運営している

例えば買取だったりVODだったり、クレカなど、何かに特化したブログを運営しているのでしたら、極力コメント欄は閉鎖しておくことをおすすめします。

リサーチするとわかりますが、特化型ブログで結果を出しているブログであればあるほど、コメント欄は非表示にしています。何かしらのキーワードで上位表示されているブログをチェックしてみてください。ごちゃまぜブログ以外はほぼ閉鎖していると思います。

kawahara
私の中で「結果を出している人を参考にしろ」は大鉄則。その鉄則に当てはめると、コメント欄は非表示にして問題ありません。

収益性の高いブログを運営している

収益性の高いブログや色んなキーワードで上位表示するブログを運営している人は、ブログのコメント欄を閉鎖しておくことをおすすめします。

実際に私が遭遇した例になりますが、1年くらいで月収100万円を超えるブログにし、色んなキーワードで上位表示も取れてきた頃の話です。その頃から急に熱烈なアンチが1人生まれました。全ての記事に誹謗中傷コメントを書き始め、さらにはお問い合わせから毎日ではなく1日何回もメールを送ってくるような熱心なアンチです。

  • こいつの記事は適当だ!デタラメだ!
  • 金稼ぐことしか頭にないクズ
  • こんなクソ記事が上位に来るとかありえない

まぁ結構言われ放題でした。IPチェックしていると毎回同じIPだったので同一人物なのは間違いありませんが、おそらく同業者による工作活動なんじゃないかなと思いました。

コメント内容見ていても普通の読者は書かないような「お金の話」「SEOの話」などをしていたので、私に上位表示を取られた人なのかなと思い、「こういう馬鹿を相手にするの疲れるな」と感じてコメント欄を全て閉鎖しました。

若干統失的な感じにも見えますが、コメント欄を開放していると同業者からのアンチコメってのは少なくありません。今まで上位表示していた記事がこいつのブログのせいで落とされた!と思ったら、ちょっと頭の弱い人ならやりかねません。

kawahara
収益性の高いジャンル・テーマは割と殺伐としています。なので自己防衛のためにもブログのコメント欄は閉鎖しておいていいと思いますよ。

海外からのスパムコメントが多い

ワードプレスの管理画面で「お、コメントついてる」と、いざチェックしてみると訳わからんサイトのリンクやコメントが結構書き込まれることがあります。

これは海外からのスパムコメントで、こちらにとっては全くメリットがありません。

一応スパム対策のプラグインなどがありますが、無駄にプラグインを入れるとサイト表示速度が遅くなりますし、やっぱりデメリットしかありません。

だったら、最初からコメント欄を閉じておけば安心。毎日のように届くスパムコメント処理に対する手間も省けますし、より一層記事の執筆に力を入れることができます。

読者へのコメント返信が面倒

自分の読者からコメントが届くと、それに対して返信するのは当たり前だと思います。

ですが、そのコメントが増えれば増えるほど返信量も多くなり、それだけで記事の執筆時間がなくなってしまうことも。人気ブログになると記事を書いたら1人じゃなく何人からもコメントがあるので、コメントだけで1記事書けるんじゃないか?という文章量になることも。

どうしてもコメント量が多くなると返信が大変なので、その場合はSNSに移動して読者と気軽に交流していくのが良いかと思います。これなら空き時間にでもサクッと返信できますからね。

ブログコメント欄のSEO効果について

おそらくコメント欄の廃止をどうするか悩んでいる人の中には、「SEO効果」を期待して残したいと考えている人が結構な数いるのではないでしょうか。

実はコメントはその記事の「コンテンツの一部」としてGoogleには認識され、それが有益となる可能性もあります。なので、SEO効果があると言われたら YES と答えます。現に口コミサイトが上位表示されることがあるのは、そのコメントがSEOとして有利に働いているからです。

しかしここで考えてもらいたいのは、「コメントの質」。

コンテンツとして取り上げられると言うことは、当然ながらコメントの質が悪いとSEOにとって逆効果になります。なので、必ずしもSEO効果があるとは言えず、むしろ逆効果になることもあるので、コメント欄を開放している人はコメントを一つ一つ目視チェックして、表示/非表示を判断しなければなりません。

その作業が面倒であれば、コメント欄はいっそのこと廃止しても良いでしょう。実際コメント欄を開放していないブログが上位表示しているケースなんて腐るほどありますからね。「SEO効果はあると言っても、そこまで大きく影響しない」と言うのが、私の考えです。

kawahara
以前、コメント欄を開放して大量のバックリンクを送り、被リンクを獲得する小賢しい手法がありましたが、パンダ・ペンギンアップデートで全て駆逐されています。絶対にやらないでくださいね。

また、コメントを使ったSEO効果については下記記事でもっと詳しく紹介しています。気になる方は是非チェックしてみてください。

関連記事

ブログのコメント欄を公開することの目的として、もしかするとあなたは次のことを考えてはいないでしょうか。 読者と交流を図りたい なんとなくコメントは残しておきたい コメントはSEO効果があると聞いた人それぞれの理[…]

コメント欄を残したい場合は「手動の承認制」がおすすめ

もしあなたがコメント欄を残したい場合は、「手動の承認制」をおすすめします。手動承認制にすることで、次のようなメリットが得られます。

  • いきなりコメントが公開されなくなる
  • アンチコメントを事前に削除できる
  • スパムコメントを事前に削除できる

その分、自分の作業量は増えます。

コメントを見て、これは残そう、これは削除しようと手間がかかります。ただ、コメントをどうしても開放したいのでしたら、手動承認制でやるのがベストです。面倒だけどコメント欄は残したい、と思っている人は参考にしてみてください。

まとめ

ここまで、ブログのコメント欄を非表示にすべき5つのパターンをご紹介してきました。

雑記ブログならコメント欄は残してもいいかもしれませんが、それでも私はあまりおすすめしません。この記事がコメント欄をどうするか悩んでいた人の参考になりましたら幸いです。

kawahara
私のこのブログも現時点ではコメント欄を開放していますが、後々閉じるかもしれません。
私がTHE THORを選んだ理由
WordPressテーマ選びに悩んではいないでしょうか。2019年様々なテーマを使ってきた私が、なぜTHE THOR(ザ・トール)を選んだのか包み隠さずお話します。
ブログのコメント欄は閉じるべきか?
最新情報をチェックしよう!