ブログのコメント欄を開放するメリット・デメリットまとめ

ブログ運営をしていると、コメント欄を表示するか非表示にするか迷ってしまう人が多いかと思います。私もこのブログでコメント欄を開放しようかどうか1週間くらい迷った記憶があります。

基本的に私は、コメント欄の表示はおすすめしておりませんが、開放するかどうかはその人次第だと思うので、この記事で紹介するコメント欄のメリット・デメリットをしっかりと把握した上で判断してもらえればと思います。

ブログのコメント欄を表示するメリット

ブログのコメント欄を表示するのには、いくつかメリットが存在します。

  1. 読者と交流を図れる
  2. 多少のSEO効果を得られる
  3. 改修すべきポイントが見つかる
  4. コメントから記事ネタを探せる

それぞれの項目について、掘り下げてお話ししていきます。

読者との交流が図れる

ブログのコメント欄を表示しようと考えている人の多くは、読者との交流を図るためではないでしょうか。実際私もブログを始めたての頃は、人気ブロガーさんたちを見て、「自分もあんな感じで読者と交流しながら楽しくブログ運営したい!」と思っていました。

ブログ運営を楽しくするコツは、自分自身が好きな記事を書くことが最も望ましいですが、それ以外にも他者とワイワイ交流するのも大事な要素の一つだと思います。特にブログを始めたての頃は1人で黙々と作業していることが多く、それが辛くなってせっかく作ったブログを辞めてしまうこともありますからね。

そういった意味でも、ブログのコメント欄を開放して読者と少しでも交流を深められたら孤独さは薄れていくメリットがあると思います。

kawahara
単純に記事を読んだポジティブな感想を貰えるのは嬉しいですからね。

コメントを書いてもらうことで多少のSEO効果を得られる

コメント欄はコンテンツの一部としてGoogleから認識されるので、その記事に関係するコメントを書いてもらうと、多少のSEO効果はあります。実際にコンテンツの一部として捉えられているかは、Google Search Consoleをチェックするとすぐにわかります。

ここで気を付けたいのは、全く記事とは関係のないコメントです。

「コンテンツの一部としてGoogleに捉えられる」と書いた通り、コメントはある程度その記事に関連性がないと逆効果になることもあります。例えばコーヒーの淹れ方を解説している記事なのに、いきなり動画編集のやり方を説明するのは記事内容としておかしいですよね。

多少のSEO効果が得られるコメント欄ですが、運用するときは次の2つに注意してください。

  • 記事と関係ないコメントの管理
  • スパムコメントの排除

コメント欄のSEO効果については下記記事でもっと詳しく解説しているので、参考にしてもらえると幸いです。

関連記事

ブログのコメント欄を公開することの目的として、もしかするとあなたは次のことを考えてはいないでしょうか。 読者と交流を図りたい なんとなくコメントは残しておきたい コメントはSEO効果があると聞いた人それぞれの理[…]

誤字・脱字を指摘してもらえる

読者さんは、意外と誤字・脱字をよく見ています。

私の例になりますが、昔から作文も嫌いだったし文章を書くのが非常に苦手でした。そのため、ブログでも正しく日本語を使いこなすことができず、誤字・脱字も多かったのは記憶にあります。

ですが、それらは自分で気付きにくく、誤字・脱字があってもそのまま記事公開をしてしまうことが多かったです。おそらく、ほとんどのブログ運営者は、記事を公開する前に誤字脱字チェックをしていないのではないでしょうか。

しかし、読者さんは文章をしっかりと読んでくれるため、誤字・脱字があったらそれについてコメントを書いてくれることが多かったです。ブログを始めたての頃は非常にありがたかったですし、読者さんが記事のチェックをしてくれるというのは、コメント欄を開放していてメリットだなと感じた部分です。

kawahara
とは言え、誤字・脱字は極力減らして記事公開するのが望ましいですね。

記事ネタをコメントから拾えることもある

ある程度ブログに人が集まるようになり、コメント欄が活発になってくると、読者さんから「◯◯についても教えて欲しい!」とリクエストが書き込まれることがあります。

これは本当にラッキーです。なぜなら、自分で記事ネタを探さなくても読者さんが記事ネタを提供してくれるからです。

1度リクエストの応えた記事を書くと、他の読者さんも「こんな記事を書いて欲しい」という新たなリクエストが生まれやすくなり、最終的には自分で記事ネタを全く探さずにブログを運営することもできるようになります。

kawahara
私はこのブログ以外のコメント欄はすでに閉鎖しているので経験はないですが、知り合いのブロガーさんはこの方法で記事を書いていますね。記事ネタを探す手間が省けるから楽と言っていました。

ブログのコメント欄を表示するデメリット

メリットとは逆に、コメント欄を表示することで生まれるデメリットもあります。私はデメリット部分が面倒になり、コメント欄を閉じた人です。

  1. 読者へのコメント返しが大変になった
  2. アンチが誹謗中傷コメントを書きまくる

それぞれの項目について、掘り下げてお話ししていきます。

読者へのコメント返しが大変

人気の高いブログになってくると、コメント欄もより活発になってきます。

それ自体は喜ばしいことで、嬉しいことであるのは間違いありませんが、コメントが増えれば増えるほどそれに対する返信が大変になってくるというデメリットが生まれます。

読者との交流を図りたい目的でコメント欄を開放したのなら、毎回しっかりコメントを返すべきですし、放置するなら交流を放棄していることになりますよね。なので律儀に一人一人コメントを返していくのですが、それに時間を取られてしまい記事を書く時間が減ってしまいます。

コメントがつくことで良い循環は生まれますが、このように「時間を取られる」というデメリットがあることは忘れないでください。

アンチの誹謗中傷コメント連投への対処が面倒

私がコメント欄の開放を辞めた理由です。誹謗中傷コメントは、自身のメンタル面へのデメリットが大きいです。

人気ブログになり、色々なキーワードで上位表示をとっていくとアンチがほぼ間違いなく生まれます。果たして単純な読者なのか、それとも検索順位を追い抜かされたブログ運営者の私怨かは不明ですが、ブログが育てば育つほどアンチは絶対に生まれます。

  • 人格攻撃
  • 記事とは関係のないレス
  • クソ記事、◯ね

などなど、その人自身を否定するようなコメントがアンチから大量に寄せられると、正直器の大きい人でないとストレスも溜まりますし、心が疲弊しちゃいますよね。

私はブログ運営において、「楽しくストレスなく運営する」のが大事だと思っているので、自分の邪魔をする要素はとことん省きます。そんな理由もあり、他のブログではコメント欄を全て閉鎖しています。

kawahara
あとアンチは暇人なので超しつこく粘着してきます。その熱意を別のことにぶつければ成功すると思うんですがね。

まとめ

ここまで、コメント欄を開放することのメリット・デメリットについて解説してきました。

メリットはありますが、私個人的な見解としては、ブログのコメント欄は閉鎖することをおすすめしています。アンチがついた時に対処が面倒ですし、SEO効果があると言っても最近は評価優先度が低くなったのでそこまで気にする必要はないかなと思います。

その他にもブログのコメント欄に関する記事を書いていますので、この記事と合わせて読んでいただけると幸いです。

関連記事

あなたが今運営しているブログでは、コメント欄を開放しているでしょうか?コメント欄をどうするか考えている人の中には、次のような悩みを持っているかもしれません。 誹謗中傷コメントが書かれる でも読者との交流を図りたい[…]

ブログのコメント欄は閉じるべきか?
関連記事

ブログのコメント欄を公開することの目的として、もしかするとあなたは次のことを考えてはいないでしょうか。 読者と交流を図りたい なんとなくコメントは残しておきたい コメントはSEO効果があると聞いた人それぞれの理[…]

私がTHE THORを選んだ理由
WordPressテーマ選びに悩んではいないでしょうか。2019年様々なテーマを使ってきた私が、なぜTHE THOR(ザ・トール)を選んだのか包み隠さずお話します。
最新情報をチェックしよう!