ブログネタを「1時間で100個」集める5STEP

ブログ運営をする上で絶対に必要となるのが「ネタ集め」です。

もしあなたが日記がわりにブログをしているのでしたら、ネタ集めをする必要はありません。しかし、コンテンツSEOで検索の上位表示を狙っていくのなら、なおさらネタを集めなければなりません。

ネタ集めの方法はたくさんありますが、今回は誰でも手軽に行えるブログネタの集め方をご紹介します。この記事で紹介するやり方を真似れば、1時間で100個のブログネタを集めることも不可能ではありません。ぜひ、記事を最後までお読みいただき、実践してもらえたら幸いです。

ネタの宝庫「Yahoo!知恵袋」を使う

ブログネタを集める方法は色々あります。

  • ニュースサイトを見る
  • Googleキーワードプランナーを使う
  • Googleサジェスト取得ツールを使う

確かにこれらはブログネタ探しに有用な方法であることは間違いありません。ですが、上記3つに共通して言えるのは「ユーザーの生の声が本当に使われているのか?」という疑問です。もしかしたらGoogleサジェストは、Google側が「ユーザーはこれを検索するんじゃない?」と予測したキーワードを表示しているだけかもしれません。ですので、「生の声」を軽視してはいけません。

私はユーザーがGoogleを使って検索することを「質問」と呼んでいますが、その質問を生で聞くことができるサイトがネット上に存在します。

それが、「Yahoo!知恵袋」です。

質問 = 需要があるネタ

ブログに記事を書いて検索エンジンの上位を目指しアクセスを増やすには、「ユーザーから需要があるネタ」の取り扱いが必須です。需要がないネタを記事にして上位表示したからと言って意味ないですよね。誰も見ないのですから。

毎月1人しか検索しないようなネタよりも、毎月1000人が検索するネタを書いて上位表示を目指した方がアクセスは当然集まります。

そこで使えるのが「Yahoo!知恵袋」です。

Yahoo!知恵袋では、日々質問が大量に投下されており、膨大な量のブログネタが転がっています。「質問」はGoogleの検索と置き換えて考えていると話した通り、Yahoo!知恵袋で投下される質問は、本来Googleでも検索されるキーワードと同じと考えても良いです。

kawahara
それでは早速、Yahoo!知恵袋を使ってブログネタを集めていきましょう。次章からは、どんな手順でネタ集めをするか5つのステップに分けてやり方を紹介していきます。

STEP1:書きたいネタの1語目のキーワードを決める

これからYahoo!知恵袋を使ってブログネタを集めていきますが、その前にやってもらいたいのが「1語目のキーワード」を決めることです。すでに特化型ブログを運営している人であればキーワードが決まっていると思うのでSTEP1の作業は飛ばしても大丈夫です。

トレンドブログや雑記ブログを運営している方は、まず始めに1語目のキーワードを決めてください。

例えば、

  • カメラ
  • 足つぼマッサージ
  • ラーメン
  • インスタグラム
  • YouTube

など。もしどうしても見つからない場合は、Yahoo!知恵袋内を巡回してみてください。特に、「カテゴリ」内をチェックすることをおすすめします。1語目のキーワードがカテゴリ名として使われているので、それをチョイスするのもありだからです。

kawahara
1語目のキーワードが決まりましたら、STEP2に進んでください。1個だけでは100個のブログネタを見つけられない可能性もありますので、2〜3個キーワードをピックアップしてもOKです。

STEP2:Yahoo!知恵袋内を1語目のキーワードで検索する

今回は例として、「カメラ」を1語目のキーワードとして選択したと仮定してブログネタを集めていきます。この記事を読んでいるあなたは、自分が選択したキーワードに置き換えてこれからの作業方法を見てもらえたら幸いです。

それでは早速「Yahoo!知恵袋」にアクセスし、「+条件指定」をクリックしましょう。

検索対象を絞るため、条件を指定していきます。各項目について、次のように入力していきましょう。

キーワードカメラ
対象質問・ベストアンサー
質問の状態すべて
カテゴリ大分類:スマートデバイス、PC、家電
中分類:デジタルカメラ
小分類:なし
質問・解決日時指定しない

今回はカメラを例としているので、カテゴリは中分類まで絞りました。小分類では、「コンパクトデジタルカメラ」「デジタル一眼レフ」の2つが用意されていましたが、今回はカメラ全般でキーワードを調べていきたかったので、小分類は選択せず。

最終的に次のようになりました。

ここまでの検索条件の指定が終わったら「検索」を押してください。

STEP3:関連キーワードをチェックしていく

1語目の関連キーワードが出現しない場合はこのSTEP3はスルーしてOKです。

条件指定して1語目のキーワードをYahoo!知恵袋で検索すると、検索対象がいっぱい出てくると思います。この記事を書いている段階で、「カメラ」であれば196,646件もの質問が出てきました。重複した質問を考えなければ、最低でも19万件以上のブログネタが見つかると言っても良いでしょう。

このSTEP3でやってもらいたい作業は、「関連キーワードのチェック」です。

質問の上に、「◯◯ で検索」と表示されているのがわかるでしょうか。上記の例だと、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、胃カメラ、防犯カメラの4つです。これだけで実はブログネタの幅を広げることができました。

例えば、防犯カメラ。私はカメラと言ったら一眼レフと思って検索していたので、防犯カメラも検索されるネタだとは気付きませんでした。ですがここで防犯カメラも検索されることがわかったので、改めてYahoo!知恵袋で防犯カメラに関するブログネタを集められるようになりました。胃カメラも同様です。

さらに下にスクロールしていくと、関連キーワードがもっと出てきます。

何やら面白そうな関連キーワードも出てきましたね。これらを1語目のキーワードとして、ブログネタを検索していくのも良いかと思います。

STEP4:質問からブログネタを集める

次は各質問をチェックして、ブログネタとして使えそうなキーワードを抜き出していきましょう。質問は、上から順番にチェックしていきます。

ここで何をチェックするかというと、「どんな質問があって、その人はどんな悩みを抱えているか」です。

質問内容が長かったですが、「CANON Kiss Mのカメラケース選びで悩んでいる」と文章中から読み取ることができました。もっと掘り下げて考えることもできますが、ブログネタをサクサク抜き出していきたいので、あまり深く考えずにザックリと質問内容を読み解きましょう。

この質問内容を見て、次のブログネタで書けそうだなと思いました。

  • CANON Kiss M カメラケース 大きめ
  • CANON Kiss M カメラケース 持ち歩き
  • CANON Kiss M スリムフィットカメラケース

抜き出したブログネタは、質問内のキーワードを抜き出したものです。自分で考えたキーワードは一切ありません。属性と需要を絞ると、次のようなブログネタを書けると思いますが、ブログ始めたての方はここまで深く考えなくても大丈夫です。

  • M80 カメラケース レビュー
  • M110 カメラケース レビュー

後から調べてわかりましたが、M80の正式名称は「HAKUBA DCS-03M80」なので、M80の部分をこのキーワードに置き換えて記事を書くのが良いと思いました。M110も「HAKUBA DCS-03M110」という正式名称があります。

kawahara
まずは、質問内に出てくるキーワードを拾ってブログネタを集めていきましょう。集めたブログネタはエクセルなどで管理しておくと、後から整理するときに楽です。

STEP5:STEP4の作業を質問が100個集まるまで繰り返す

STEP4で紹介したブログネタの集め方を、質問が100個集まるまで繰り返しましょう。

1個の質問でブログネタの抽出が完了したら、次の質問へ移っていくイメージです。1つの質問で1つのブログネタしか見つからないわけでなく、私がSTEP4の例で紹介した通り、3個、5個と複数個のブログネタを見つけることも可能です。

kawahara
私の場合にはなりますが、大体質問を40〜50個くらいチェックしたら記事ネタを100個は見つけられます。

まとめ

最後にこの記事のまとめになります。記事ネタは「Yahoo!知恵袋」を使い、次の5STEPで集めていきましょう。

  1. 1語目のキーワードを決める
  2. Yahoo!知恵袋内を1語目のキーワードで検索する
  3. 関連キーワードのチェック
  4. 質問からキーワードを集める
  5. STEP4の作業をひたすら繰り返す

最初は少し時間がかかるかもしれませんが、慣れると1時間で100個ほどのブログネタを集めることも可能です。ぜひ面倒くさがらずにトライしてもらえたら幸いです。

私がTHE THORを選んだ理由
WordPressテーマ選びに悩んではいないでしょうか。2019年様々なテーマを使ってきた私が、なぜTHE THOR(ザ・トール)を選んだのか包み隠さずお話します。
最新情報をチェックしよう!