WordPressテーマ「THE THOR」の評判と使用感レビュー【限定特典付】

世の中には数多くのWordPressテーマがリリースされていますが、その中で2019年冒頭から私が使い始めたテーマが「THE THOR(ザ・トール)」。このWordPressテーマは使いやすいのか、SEOに強いのか、はたまた評判口コミはどうなのかが気になって購入に踏み切れない人もいるかもしれません。

そこで本記事では、WordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」を実際に使用して徹底レビュー。購入するかどうかの判断材料にしてもらえたら幸いです。

※ 2019年10月時点、当ブログはWordPressテーマ「THE THOR」を使って運営しています。

THE THOR(ザ・トール)とは?何が特徴のテーマなのか

THE THOR(ザ・トール)は、フィット株式会社が提供しているWordPressテーマの一つです。フィット株式会社では、THE THORをリリースする前は「LION BLOG」や「LION MEDIA」といった無料のWordPressテーマを提供しています。

2019年10月時点で20,000件以上ダウンロードされている人気っぷりで、LIONシリーズで培った技術・情報をギュッとまとめてリリースしたのがTHE THOR。そんなTHE THORは次のような特徴を持ったWordPressテーマです。

  • SEOに強い
  • W3C規格に基づいた内部設計
  • 洗練されたデザイン
  • SEO対策用プラグインが不要
  • 異常なまでに早いサイト表示速度
  • カスタマイズなしでブログ初心者でも簡単にキレイなブログが作れる

他にも細かい部分を挙げればキリがありませんが、個人的にTHE THORを初めて目にして気に入ったのが上記6点。SEOの強いかどうかは正直わからない部分もあり、これに関しては必ずしもTHE THORを使ったから上位表示できるとは言えません。

は言え、デザインもキレイでしたし、ここまで自信を持っているテーマだったので「これは買って試すしかない!」と思い速攻で購入しました。

【結論】THE THORはブログ初心者にもおすすめなWordPressテーマ

2019年からTHE THORを使って作ったブログが一つあります。その結果、10月時点で次のようにブログが成長しました。

※ Google analyticsをのアカウントを途中で変更したので、6月からとなっています。

結論を言えばSEOに強いかはさておき「悪影響を与えるテーマではない事」が証明できました。基本的にPV数も右肩上がりに伸びていますし、途中でバックリンクを送ったというブラックハットな事は一切行っていません。

完全100%SEOのみで、9ヶ月間で約20万PVを超えるブログを作る事ができました。カスタマイズもTHE THORに備わっている機能だけで賄えていますし、キャッシュ系プラグインも一切使わずにテーマだけの機能で運営しています。

色々なキーワードで検索してリサーチする事が多いですが、THE THORを使ったサイトが増えてきている印象。基本的に1ページ目をリサーチしますが、とあるキーワードでは10サイトのうち3つがTHE THORなんてことも。着実に人気が高まってきているのがわかります。

THE THORを使っているユーザーの評判・口コミ

Twitterを見てもTHE THORを使っているユーザーが多々見られます。ここでは、私以外のユーザーはTHE THORにどのような評価を下しているのか、評判・口コミをまとめました。

SEO対策バッチリな気がする

商品の紹介ページに書かれていますが、THE THORはSEOに強いテーマとして紹介されています。正直な所、何を持ってSEOに強いといい切れるかはGoogleしかわかりません。ですが、私の2019年から作ったブログのアクセス推移を見てもらえばわかるとおり、SEOにおいて悪い影響を与えるテーマではないことは確実に言えますね。

広告サイズの調整が必要

私も広告のサイズについては感じておりました。

スマホで広告を見た時に、Googleのレスポンシブ広告を選んでいると途中で広告が切れている用に見えてしまいます。これを解消するには最初からスマホサイズのレクタングルを導入するのが手っ取り早いですが、Googleの自動広告を使っている人には少々面倒に感じるかもしれません。

カスタマイズが難しい?

WordPressのカスタマイズ機能を使ってTHE THORのデザインやSEO設定をしなければならないのですが、実はめちゃくちゃ設定項目が多いです。そのため、もしかしたら初心者にはとっつきにくく感じるかもしれません。

ですがTHE THORは公式サイトでマニュアルが充実していること、カスタマイズに関する掲示板の用意、何度でもお問い合わせ可能になっています。私も最初はカスタマイズに迷いましたが、マニュアルを見ながら設定したら意外と簡単にデザインやSEO設定が終わりました。

サイト表示速度が速い

私も使って感じたのは、サイト表示速度の速さです。

通常のWordPressテーマであれば、キャッシュプラグイン(AutoptimizeやWP FASTESTCacheなど)を使ってページ表示速度を上げている事が多いのですが、THE THORはこれらがなくてもテーマの機能でキャッシュを作成できます。

余計なプラグインを入れてページ表示速度を落とすこともないので、このキャッシュ機能は個人的にかなり気に入っています。また、画像の遅延読み込み機能もあるので、Lazy Loadといったプラグインを導入しなくても良いのがTHE THORのメリットの一つでしょう。

CTAなどの成約に結びつける機能が充実

THE THORには、アフィリエイトタグの管理やCTA表示機能が備わっています。カテゴリによってCTAの表示を分けることも出来るのもポイントの一つでしょう。

【検証レビュー】THE THORの使用感を実際に試してみた

デザイン面に関してはTHE THORのでもサイトを見るのが一番ですので、ここでは割愛させていただきます。少しだけスクショを拝借すると、下記のようにキレイなデザインでブログを構築することが出来ます。

アフィリエイターやブロガーにとってデザイン面はもちろん大事だと思いますが、それ以外にもコンバージョンにつながるCTAやLPページの作成、そして最も重要なサイト表示速度はどうなっているのかを検証していきたいと思います。

サイト表示速度のチェック

THE THORをインストールし何もカスタマイズせずにサイト表示速度をチェックしてみました。今回のサイト表示速度チェックの環境は次のとおりです。

  • サーバー:Conoha Wing
  • WordPress Ver:5.2.4

上記の環境で、単一ページのサイト表示速度を2パターンに分けて計測。なお、記事内の文字数は約2000文字、「640 × 360」サイズの画像を5枚挿入しています。

SEO設定なし

まずはSEO設定なし、プラグイン一切なしの状態でのサイト表示速度をチェックしました。

恐ろしいくらい速いです。正直モバイル80、パソコン90あれば上々と考えていましたがSEO設定無しでもモバイルで91点、パソコンは99点というほぼ満点に近いページ表示速度という結果に。プラグインを一切入れていない、高速サーバーを使っていることもありますが、この結果には満足するユーザーも多いのではないでしょうか。

SEO設定あり

次にカスタマイズ機能から、ブラウザキャッシュ、Gzip・HTML圧縮、子テーマCSS・Googleフォント・画像の非同期読み込みを有効にしてサイト表示速度を計測してみました。

これはもう文句のつけようがありませんね。SEO設定をすることで、モバイルで98点、パソコンでは驚異の100点を記録できました。様々な有料WordPressテーマを使ってきましたが、テーマだけの機能でここまでサイト表示速度が速いのはTHE THORが初めてかもしれません。

私の持っているブログでもいくつかTHE THORを使っていますが、必要なプラグインを入れると大体モバイルで85点、パソコンで92点くらいです。これでもかなり速いほうなので、Googleが提唱する「サイト表示速度」を重要視する人は間違いなくTHE THORの購入を視野に入れても良いでしょう。

CTAやアフィリエイトに使えそうな機能のチェック

THE THORには、マーケティングに最低限必要な次の2つの機能が備わっています。

  • LPページの作成
  • CTAの表示

その他に、タグ管理機能が用意されています。

LPページ

固定ページにて、LPに使えるテンプレートがリストの中から選べます。商品やメルマガの訴求で使うのでしたら、「LP用TPL」がベスト。それ以外だとお問い合わせやサイトマップなどのテンプレートが用意されています。

CTA

記事の最後に商品などを訴求する時に絶対外せないのが「CTA」です。最近のテーマであればほとんどCTA機能はついているかと思います。もちろんTHE THORにもCTA機能がありますよ。

CTAのイメージはこんな感じです。

「記事本文」→「SNSリンク」→「CTA」の順番に並んでいるので、記事を最後まで読んだ人であれば必ずCTAが目につく様になっています。また、スマホ固定フッターもTHE THORには用意されているので、そこからLPページやCTAと同じように訴求することも可能です。

タグ管理

アフィリエイターにとっては必須と言っても良いのが、アフィリエイトタグの管理です。その際、1ページ1ページにリンクボタンを作成して挿入していると、どのページにタグを使ってしまったのか、または後からタグを変更するのが非常に大変です。

そこでTHE THORには、アフィリエイトタグを管理できる機能が用意されています。

タグをペタっと貼るだけで、上記のようなアフィリエイトリンクを挿入することが出来ます。もちろんボタンだけの登録も可能なので、タグを管理して素早く正確にアフィリエイトリンクを張り替えたい人におすすめな機能です。

使ってわかった!THE THORのメリット

カスタマイズ機能がとにかく充実しすぎている

THE THORの設定は基本的に「カスタマイズ」から行います。しかし、そのカスタマイズ項目が多すぎて少し戸惑う人もいるかも知れません。

大きな項目で用意されているものだけで18項目。この下にまだ中項目、小項目とありますので、累計すると100個近いカスタマイズ箇所が用意されています。細かく色々と設定することはできますが、基本的に次のことを抑えてけばキレイで軽いブログをすぐに作ることが可能です。

  • SEO設定
  • サイトカラーの設定
  • 見出しデザインの設定
  • SNSリンクの設定
  • 吹き出しパーツの設定

その他の機能に関しては、テーマを導入して記事を書きながら少しずつ設定を変更していけばOKです。

SEO設定

THE THORで最も気に入っている機能と言っても過言でもないのが、サイト表示速度を早くするためのSEO設定です。CSSやGoogleフォントの非同期読み込みや、画像の非同期読み込み。

さらにキャッシュ系プラグインでよく見られるブラウザキャッシュ、Gzip圧縮、HTMLの圧縮などがTHE THORのテーマだけで完結します。余計なプラグインをインストール必要がなくなるので、それだけでもサイト表示速度に好影響を与えます。

Googleのサイト表示速度を測れるサイト「PageSpeed Insights」では、次のようにしてスコアパフォーマンスを計測しています。

スクロールせずに見える範囲のコンテンツの読み込み時間: ユーザーが新しいページをリクエストした瞬間から、スクロールせずに見える範囲のコンテンツがブラウザで表示されるまでの経過時間。

ページ全体の読み込み時間: ユーザーが新しいページをリクエストした瞬間から、ブラウザでページが完全に表示されるまでの経過時間。

画像の非同期読み込みをすることで、ページにアクセスした時に表示された部分以外の画像が読み込まれないので、その分スコアパフォーマンスに好影響を与えます。実際に私もこの機能は設定していますが、体感で「速い!」とわかります。

その他、HTML圧縮でソースコードの読み込み時間も短縮、ブラウザキャッシュで2回目の表示速度が速くなるなど、ユーザーにとってもGoogleにとっても友好的なSEO設定ができるのがTHE THORのメリットです。

吹き出しパーツの設定

THE THORでは2つの吹き出しパーツが設定できます。

複数のキャラクターを使ってブログを書いている人は物足りないかと思いますが、自分視点の吹き出しだけでいい場合はこれで十分でしょう。また、吹き出しの背景や枠線色、画像は全てカスタマイズ画面にて変更可能です。

ここがイマイチ?THE THORのデメリット

やはりカスタマイズ項目が多すぎるか

WordPress初心者が戸惑う可能性があるとしたら、やはりカスタマイズ項目の多さだと思います。例えば、PWA設定って何?、AMP設定は必要なの?、といった疑問が浮かぶかと思います。

その辺りが少し初心者にとってとっつきにくく感じるかもしれません。

とは言え、カスタマイズの項目以外は触る必要が一切ないので、公式マニュアルを見ながら設定をいじれば問題ありません。私もマニュアルを見ながらサクサクカスタマイズすることが出来ました。

他のテーマとの簡易比較

私が過去に購入したWordPressテーマを元に、実際の使用感などを「◯」「△」「×」の3表記でまとめました。

デザイン表示速度ショートコードの豊富さ価格
THE THOR14,800円
JIN14,800円
Affinger 5(WING)14,800円
SANGO10,800円

これだけで判断できませんが、最終的には自分が気に入ったデザインかどうか、ショートコードがたっぷり用意されている方がいいかどうかなどで選ぶことになります。

私は表示速度とデザイン性で選んでます。ショートコードはテーマ変更した時に置換作業が大変なので、あまり使いたくない派です。

【限定特典】Amazonギフト券2,000円分プレゼント

有料のワードプレステーマは大体の相場が10,000 ~ 15,000円です。THE THORも例外ではなく、税抜き価格で14,800円となっています。(税込みだと16,200円)

そこで少しでも購入費用の負担にしてほしいと思い、今回購入特典としてAmazonギフト券を2,000円分プレゼントすることにしました。少しでも購入費用の足しになりましたら幸いです。

注意点は、サーバーセットではなくテーマ単体で購入すること。もしサーバーセットを選んだ場合は限定特典が受け取れないので注意してください。

なお、ギフト券のプレゼントは下記リンク経由のみとなっていることに注意してください。下記以外のページからプレゼントが受け取れないのでご了承ください。

私がTHE THORを選んだ理由
WordPressテーマ選びに悩んではいないでしょうか。2019年様々なテーマを使ってきた私が、なぜTHE THOR(ザ・トール)を選んだのか包み隠さずお話します。
最新情報をチェックしよう!