特化型ブログのネタ切れを起こした時に見直してほしい3つの事

特化型ブログを2ヶ月、3ヶ月と運営しているうちに「だんだん書く事がなくなってきたな…」と手が止まってしまった経験はないでしょうか。これがいわゆる「ネタ切れ」と呼ばれる現象で、特化型ブログの運営で避けては通れない道です。

しかし諦めてはいけません。ネタというものはそこら中に転がっています。

そこでこの記事では、特化型ブログのネタ切れで手が止まった時に見直してほしい事、およびネタ切れしないためにブログを始める前にやっておきたいことを紹介。ご参考になりましたら幸いです。

なぜ特化型ブログのネタ切れを起こしてしまうのか

今まで10個以上の特化型ブログを作成してきた私ですが、ネタ切れになったことはもちろんあります。その時、「なぜ手が止まってしまうのか」を深く考えた時、一つの答えにたどり着きました。

ズバリ、選んだジャンルに対しての知識が足りないからです。

過去の私と同じように特化型ブログのネタ切れを起こしてしまっている人は、おそらくほとんどの方が知識が足りずにネタ切れを起こしているのだと思います。

ただし一つ例外として、手が止まってもいいパターンもあります。

それは、特化型ブログのゴールにたどり着いたケースです。

ゴールにたどり着いたら無理に記事を増やす必要もないので、本当に需要のある記事、成果のある記事をリライトし続けて検索順位を維持していけば良いです。

問題は、特化型ブログのゴールにたどり着いていないのにネタ切れで手が止まってしまう人たち。もしこの記事を見ているあなたが、ネタ切れで手が止まっている場合、次に紹介することを見直してみてください。

ネタ切れだと感じた時に見直してほしい3つの事

先ほど「知識が足りない」と書いた通り、もしかするとあなたは取り組んでいるジャンルに対しての理解度が足りないかもしれません。新たな可能性、知識を広げるために、次に紹介することを試してみてください。

ライバルブログをかき集める

あなたの取り組んでいるジャンルは、あなただけのユニークジャンルとは限りません。当然ながらライバルと呼ばれるブログが何個も存在します。

例えば、あなたが育児に関するジャンルに参戦しているとします。

その時、あなたは今赤ちゃんの育児に奮闘しているから、とにかく赤ちゃんの育児に関することだけを記事にしていこうと考えがち。しかしライバルブログを見ると、赤ちゃんだけでなく、3歳児、5歳児といった幅広い年齢を対象に育児ブログを展開しています。

もちろん経験を元に記事を書いた方が説得力は増しますが、これからの我が子の育児の勉強のために未来の年齢を対象とした記事を書いても問題ありません。だって、子供は黙っていても成長しますし、その時になって勉強するより今勉強して記事にしておいた方が予習にもなって自分のためにもなりますよね。

ライバルブログはネタの宝庫です。

最低でも自分が賛成しているライバルブログを10個かき集めてみてください。自分の特化型ブログに書かれていないキーワードや、小ジャンルが見つかるかもしれません。

取り組んでいるジャンルの本/雑誌を読む

そのジャンルの知識を蓄えるには、本や雑誌を読むのが手っ取り早いです。

特に私の場合は、雑誌を読むことをおすすめします。理由は、雑誌は最新トレンドから古くから伝わる手法を幅広く取り上げているため、自分の知識を広げるには最も効率的だからです。

雑誌を見て「このネタは取り入れられそう!」というのがあれば、もっと知識を深めるために今度は専門書を読んでいくのもありです。私も雑誌は結構読みます。

雑誌で知識の幅を広げ、専門書で知識の深掘りをするイメージです。

そのジャンルに精通している人に会う

ライバルブログをかき集め、さらにそのジャンルに関する雑誌を読んでも中々ネタを見つけられない人は、最終手段となりますが、そのジャンルに精通している専門家、もしくはメンターに話を聞くことをおすすめします。

例えば税務関係の記事を書いているのでしたら、税の専門家である税理士の方に話を聞くイメージです。

とは言え、「自分の周りにそのジャンルの専門家なんていないよ!」という人もいると思います。私も全然いません。そんな時どうするかというと、マッチングサイトを使います。

私が使っているのは、「ビザスク」と呼ばれる専門家にビジネスの相談ができるマッチングサイトです。自分では知らなかったことを聞く事ができ、それをベースに私の売却したサイトはさらに売上やPVを延ばす事ができました。

特化型ブログ開始前に念入りに調査を行おう

本来であれば、どのくらいのネタを書けばゴールに辿り着けるのかを、特化型ブログを始める前にある程度決められるのがベストです。ですので、これから特化型ブログを始める人はそのジャンルについて、今回見直した事で紹介した3つのことを必ず行ってください。

また、下記の特化型ブログジャンル選定の記事でも書いていますが、ジャンルの幅を狭め過ぎるのも良くありません。

関連記事

これから特化型ブログを新しく始めてみよう!と考えている方の多くが最初に躓いてしまう「ジャンル(テーマ)選定」。私もこのジャンル選定には非常に悩み、そして時間をかけて行っております。しかし、特化型ブログを作り続ける中で、ある程度私は特[…]

アフィリエイトでよくあるのが、商標サイトを作ること。これもいわゆる特化型ブログの一つではありますが、弱点があります。それは、ジャンルの幅が狭過ぎる、というよりも一つのネタに特化させなければならないこと。そして、その商品の広告が終わってしまうと、サイトの稼ぎがなくなってしまうことです。

例えば、LINEモバイル専門の商標特化型ブログを作ったとします。ですが、作った翌年にASPから広告主が撤退したら、当然ながらもうLINEモバイルでは稼げないので、作った特化型ブログもゴミとなってしまいます。

なので、ある程度ジャンルを大きくとって特化型ブログの作成を行うことをおすすめします。

私がTHE THORを選んだ理由
WordPressテーマ選びに悩んではいないでしょうか。2019年様々なテーマを使ってきた私が、なぜTHE THOR(ザ・トール)を選んだのか包み隠さずお話します。
最新情報をチェックしよう!